コラーゲンの取り方を教えて!食べるのがいいの?それとも化粧品?

お肌の潤いの為にもコラーゲンを摂取したいと考えています。

 

コラーゲンは、ニッピコラーゲン化粧品のようなスキンケアにも含まれています。
さらには、サプリメントも多く販売されています。

 

コラーゲンたっぷりの食品もあります。

 

でも、どの方法で摂取するのが良いでしょうか?

 

 

一般的に、コラーゲンをお肌に塗布しても、お肌の奥深くへは浸透しないと言われています。
これは、コラーゲンの成分が大きいのでお肌の角質層まで浸透しないためです。

 

では、コラーゲンの配合された化粧水や美容液は効果がないのでしょうか?

 

コラーゲンの配合された化粧水や美容液は、お肌の表面から潤いを逃がさない様にする役割があります。
角質層まで浸透しないけれども、お肌の表面に留まりお肌の保湿を行ってくれるのですね。

 

また、化粧品の中には「低分子コラーゲン」が配合されている製品もあります。

 

こちらは、分子構造が小さいので角質層まで浸透することが出来るそうです。

 

こちらは、お肌の中から保湿を行うことになりますが、保湿力は少し落ちてしまいます。

 

 

最近では、コラーゲンは外部空ではなく身体の中から摂取することも多いです。
コラーゲンやコラーゲンペプチドを含むサプリメントが多く販売されています。

 

コラーゲンを細分化したコラーゲンペプチドを積極的に摂取することで、身体に多く吸収されることが判っています。

 

特に、「プロリン−ヒドロキシプロリン(P-O)」と「ヒドロキシプロリン−グリシン(O-G)」と言う2種類のペプチドは多く吸収されることが判ってきました。。

 

これらのコラーゲンペプチドは、吸収された後、多くが骨や関節・皮膚に運ばれることが判っています。
また、その多くが細胞レベルまで届けられることも判明したそうです。

 

まだ研究段階ですが、このメカニズムがもっと解明されれば、皮膚の中でコラーゲンを作る線維芽細胞や軟骨細胞の働きを補ったり、ヒアルロン酸の長生を促したりしてくれるのではないかと期待されています。

 

 

食品でコラーゲンを摂取しようと考えた場合、一日のコラーゲン摂取量の目安が気になりますよね。

 

コラーゲンの摂取量は特に定められてはいません。

 

一般的には、1日に必要なコラーゲンの摂取量目安は、5g〜10gだと言われています。

 

でも、日本人の平均摂取量は1.9gと言われているので、明らかに足りていないですね。

 

コラーゲンが多く含まれている食べ物は判りやすいです。

 

プルプルゼラチン質の物ですね。

 

でも、100gに含まれているコラーゲンは牛すじで4,980mg、手羽先で1,550mg、皮のついた鮭で2,410mgと言われています。

 

ダントツで多いのはフカヒレで9,920mgも含まれています。

 

 

これらの食品を摂取する時は、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取すると相乗効果が期待できますよ。

 

あなたも上手くコラーゲンを摂取してくださいね。